広報部からのお知らせ

長野県作業療法士会 広報誌「らしく」のご案内

 長野県作業療法士会は長野県民のみなさまの保険、医療及び福祉の充実を目的として「作業療法の実践に基づく理念の啓発・普及事業」「作業療法士の資質の向上」を柱に活動しております。

 現在、県内の病院、施設、自治体等で1000名以上の作業療法士が働いております。広報誌「らしく」を通して作業療法士の活動をより一層皆様に知っていただければと考えております。

「らしく」創刊号、2号、3号、4号の製本版がご入用でしたら以下のアドレスまでご連絡ください。

:kouhoushi.prnaot@gmail.com 少し時間をいただきますが発送いたします。

「らしく」4号

□ 特集 作業療法、知っていますか?ほかのリハビリ職種との違いは? 

□ シリーズひと第4回 やってみたいをできるに変える訪問の作業療法 

□ 作業療法士を目指す高校生のみなさんへ 

□ 作業療法士になるには 「作業療法」ってどんな仕事? 

□ 活動レポート トピックス 

「らしく」3号

□ 特集 相談支援にたずさわる作業療法士 

□ シリーズひと第3回 高齢者・認知症の方への作業療法 人生の先輩から教えていただくこと  

□ 活動レポート トピックス 

□ 作業療法のご紹介 

「らしく」2号

□ シリーズひと第2回 いつもこころにアフリカを、作業業法士はゆく 

□ 作業療法の現場から 「アンチ・アンチエイジング」〜素敵に歳をとりましょう〜 

□ 体の不自由な子供たちを支援 長野県の障害児療育について 

□ 活動レポート トピックス  

「らしく」創刊号

□ ごあいさつ 

□ 特集 うつ病のリハビリテーション 

□ シリーズひと第1回 リハビリを楽しみましょう 

□ 高次脳機能障害 自閉症 

□ 活動レポート トピックス