第34回長野県作業療法学術大会にご参加ください

第34回長野県作業療法学術大会 大会長
特定医療法人丸山会 丸子中央病院 栗原 泉生

 来たる平成30年6月10日、東信、東御市文化会館サンテラスホールにおいて、第34回長野県作業療法学術大会が開催されます。現在、東信地区の会員を中心に準備を進めております。

 今回の学会テーマは「展望~作業療法の可能性を見据えて~」です。今学術大会の内容が、対象者の皆さんに作業療法を行う中での一つの引き出しになるよう、そしてこれからの作業療法士が新たなことに挑戦し、積極的に取り組んで行けることを目指しての学術大会としました。

 特別講演では、日本聴導犬協会の有馬もと先生をお招きし、「作業療法士による介助犬育成への理解と協力の必要性」というテーマで、実際に聴導犬、介助犬を用いてデモンストレーションをしながら作業療法士との関わりについてご講演いただきます。そしてこのようなテーマを踏まえ、多くの会員の皆さんに日々の作業療法の成果を発表していただければと思います。

 また、今年から開催時期が異なる上に、一日開催となるためタイムスケジュールがタイトになっております。限られた時間の中ですが、一般演題、ポスター演題の発表をお聴きいただき、福祉機器展示などもご覧いただければと思います。

 県士会のホームページにも学術大会についてのページを掲載していただいています。随時更新していきますのでご確認下さい。

 東御市を代表する文化施設であるサンテラスホールは、国の重要伝統文化的建造物群保存地区に選定されている「海野宿」をイメージした外観となっています。実行委員一同、お待ちしております。ぜひお越し下さい。

プログラム

08:30~09:30 受付

09:30~09:45 開会式

09:45~11:45 特別講演

11:45~12:45 総会

13:00~14:00 昼食

14:00~16:00 一般演題(口述・ポスター)

16:00~16:15 閉会式

特別講演・市民公開講演

 作業療法士による介助犬育成への理解と協力の必要性

講師 有馬 もと 氏(社会福祉法人 日本聴導犬協会会長) 

※聴導犬・介助犬によるデモを含めご講演頂く予定です。

一般演題

 

特別展示

 

福祉機器展・書籍販売

 

アクセス

会場:東御市文化会館サンテラスホール 東御市常田505-1

公文書発行